にじほブログにようこそ💛

はじめまして!
ご訪問ありがとうございます。
アラフィフ看護師にじほです。
いつまでも若く健康でいるための情報発信します。

子供たちに感謝!

人生

こんにちは!にじほです。

今回はうちの子供のお話です!

アルビ
アルビ

そんな話誰も興味ないよね?

にじほ
にじほ

あはは。娘がこの春高校卒業してひと段落したなぁと感慨深く思いまして。

親として学ばせてもらった感謝の気持ちも込めて記事にしたいなって思って!

じゃあ勝手に始めま~す。

まず娘についてからお話しますね。

スポンサーリンク

お母さんみたいな娘

うちは母子家庭で、私は前までバリバリ夜勤もしていました。そのせいもあって娘は洗濯・掃除はもちろん私のお弁当を作ってくれたり、晩御飯を作ってくれたり、お世話になっています。

アルビ
アルビ

よく手伝ってくれるんですね~

にじほ
にじほ

はい。ちょいちょい中身はお母さんなのかな?って思うことがあるんですよね。

いくつか挙げてみます。

もしやお母さん?その1

にじほ
にじほ

私、コロナのワクチンの副反応が強すぎて2回目の接種の後、

熱発・ひどい倦怠感・下痢で脱水気味になって家の中でぶっ倒れたんですよね。

だから3回目の接種は恐怖だったんです。

3回目の接種した日、帰宅して着替えに自室に行くとベッドに電気毛布が敷いてあってすぐに横になれるように掛け布団の端がめくってありました。

↑こんな感じです。

この布団の端をめくってあるところがまるでお母さんですよね…

まるでお母さん?その2

今の家に引っ越してきた当日の話です。

気づけば22時を過ぎていたので、そろそろ寝られるようにしなくちゃと自室に行くと、すでに綺麗にベッドメイキングされて寝られ状態になっていました。

ムスメ
ムスメ

お母さん、お兄ちゃんの布団もついでにシーツかけといたよ。

ものすごく疲れていたのでホント助かりました~

まるでお母さん?その3

私、飲みに行くと楽しくてついつい飲みすぎちゃうんです。その日も飲んでご機嫌で帰宅して気づいたら朝だったんですよね~。

帰宅してからの記憶がないけど、ちゃんと化粧も落として寝たんだな~って言っていたら

ムスメ
ムスメ

お母さん!きのう帰ってきてそのまま寝たから

私がメイク落としてあげたからね!

当時中学生の娘に平謝りでした。

今は化粧したまま寝るなんてことはないですからね!

他にもちょっと車で遠出をすると助手席の娘はしょっちゅう「お茶飲む?」って蓋を開けたペットボトル持ってますし、最近は介護されてるのかな?って思います…。

ただ強情なとこがあって、私と喧嘩すると絶対娘から話しかけてこないというのが心配なとこです。

つづいて息子の話

スポンサーリンク

ハラハラする息子

息子は第一子でそれはそれは大事に育てたんです。

現在、家ではな~んにもしません。食事の時も「お茶!」「ご飯!」と一つも動きません。

あまり話もしません。亭主関白みたい。

アルビ
アルビ

息子なんてそんなもんじゃない?

にじほ
にじほ

そうかもしれないけど、何も言わないから何考えてるか分からなくて

心配なことだらけですよ~。

ハラハラドキドキしたエピソードをいくつかお話します。

ハラハラドキドキ その1

息子は車が好きで以前も今も車関係の仕事をしています。

日曜日の昼下がりに息子から珍しく電話がかかってきました。

ムスコ
ムスコ

事故った。ってかぶつけられた。

保険の番号教えて。

にじほ
にじほ

え、え、え

保険?ちょ、ちょっと待って。

え、だいじょうぶなん?

今どこ?

ムスコ
ムスコ

だいじょうぶ。

保険の証券番号まだ?

どうやら渋滞中に後ろから追突されたらしくケガもなかったのですが、保険証券番号を伝えた後は7時間くらい音信不通でした。事故ったという情報しかもらえてない私は心配を通り越して怒りに変わっていました。

ハラハラドキドキ その2

息子は今の職場に転職する前に3か月くらいのんびりしていたのですが、ある日自分の貯金で2台目の車を買ってきました。

※すでに持っている車はたまにサーキットで走る用でウルサイので、以前の職場は原付で通勤していました。

にじほ<br>
にじほ

え?普通車2台持ち?そんなのお金持ちがすることよ!

だいたい次の職場決まったの?

ムスコ
ムスコ

いや。今から面接。

そこ遠いから原付で通勤は無理。

軽には乗りたくない。

いやいやいや。順番逆ですよね?大丈夫かな~大丈夫かな~ってハラハラですよ。

そのあと仕事は決まったからいいものの…。

ハラハラドキドキ その3

息子が前の職場に勤めていた時の話です。

日曜日の夜に珍しく息子から電話がかかってきました。

まさか?ですよね。

ムスコ
ムスコ

山道でガードレールに激突した。

今警察とレッカー待ち

にじほ
にじほ

だ、だいじょうぶなん?

レッカー?

どういう状態?

ムスコ
ムスコ

だいじょうぶ。ケガはないよ。

ぐしゃっとなった車の写メが送られてきました。もうビックリです。

またもやそのあと翌日のお昼頃まで音信不通でした。

帰宅した息子は「大丈夫って言ったよね?」ですよ。確かにそうですけどね。

息子は無事でしたが車は廃車になったんですよ。そりゃあ心配しますよね。

その後友達とお払いに行ったみたいです。

さすがにそれから事故はないですがね。

本当にいつもハラハラドキドキです。

スポンサーリンク

子育てから学んだ

息子は高校生の頃から学校辞める!と言ってみたり、いろいろ心配だったので同じ親が育ててなんでこうも違うのかなあってよく思いました。

でもよくよく考えたら違うんですよね。

  • 息子➡異性でよく分からない生き物➡何につけて心配
  • 娘➡同性だからなんか分かる➡特に心配いらない

という気持ちが私の根本にあるんですよね。

にじほ
にじほ

でも心配するなと言われても無理ですよね。

私は自分の考え方を変えなきゃと思ってアドラー心理学の

「課題の分離」で物事を考えるようにしました。

友達に息子の話をするとたいてい「それって息子さんは報告してきて自分でちゃんと対処出来てるからいんじゃない?」と言われます。

確かにそうなんですよね。自分の課題は自分で対処しているんですよね。

心配=ちゃんと信用できていないというだけなんです。

さらに息子は友達も多く職場の上司にもよくしてもらっていて、どうやら外ではちゃんとしてるみたいなんです。

なので最近は何かあっても「あの子なら大丈夫!」って思ってます。

子育ては後悔しがちですがその時その時できる限りの努力で一生懸命育てたんですからね。

ただやっぱり娘も息子も子供である以上いつも何かしら心配してますけどね。

頼りない母を成長させてくれた子供たちに感謝しています!

さいごに

今回は私の子育てのお話でしたが、もしも誰かの為になったら嬉しいです。さいごまで読んでくれた方本当にありがとうございました‼

コメント

タイトルとURLをコピーしました